トップへ戻る

男がぽっこりお腹になってしまう原因を徹底解明!

男がぽっこりお腹になってしまう原因を徹底解明!

 

若かりし頃は脂肪について一切悩んで来なかったのに、20歳を超えた頃から徐々に太りやすくなってしまった・・と言う経験をされている男性も多いと思います。

 

 

スーツやシャツを着た時にボコンと出てしまうぽっこりお腹、正直あまりカッコいいとは言えませんよね。

 

 

しかし、どうして20歳を超える年齢からぽっこりお腹になってしまうのでしょう。やはり解消をさせるためには原因を見つけなければ話しが進みません。

 

 

そこで、今回は男性がぽっこりお腹になってしまう原因や解決策について少しでもお役に立てたら!と思っています。

 

 

ぽっこりお腹には2つある

 

 

まず一言でぽっこりお腹と言っても、その種類は1つだけでなく2種類あるんです。

 

 

恐らく聞いた事がある方が多いと思うのですが、いわゆる皮下脂肪と内臓脂肪の2通りの太り方がありますので、そちらをまず解説して行きます。

 

皮下脂肪で太った場合

 

まず1つ目はそのままですが、皮膚の真下にみるみるうちに蓄積されていく皮下脂肪です。お腹をムニっと摘まめる脂肪ですね。実は皮下脂肪と内臓脂肪の内、どちらが痩せにくいのかと言われれば皮下脂肪なんです。

 

 

と言うのも、皮下脂肪は見た目はあまり好ましくはないのですが、身体にとっては重要な役割を果たす存在なんです。

 

 

例えば外部からの衝撃から身を守ったり、冬場の寒い時期に凍えたりしないようにと保温効果があり、生き物が長く生き延びる術として脂肪を蓄えやすくなっているんです。

 

 

このぽっこりお腹を作り出す皮下脂肪は非常に厄介で、筋トレや有酸素運動などでダイエットをした場合であっても、なかなか落ちずに1番最後にようやく燃え始めるのが特徴です。

 

 

一刻も早くぽっこりお腹を解消したい男性にとっては致命的・・・。

 

 

内臓脂肪で太った場合

 

一方、内臓脂肪はこちらもそのままで内臓の周りに蓄積されたもので、皮下脂肪よりもより身体の深層部に存在する脂肪を指します。

 

 

皮下脂肪と比較をして1番の違いとしましては、やはり脂肪の燃焼速度にあります。皮下脂肪は比較的燃え辛いのですが、内臓脂肪はダイエット数日後ぐらいから「痩せた!」を実感する事が出来るんです。

 

 

これまでにダイエットに挑戦された事のある方なら経験あるかと思うのですが、3日後ぐらいにはもう3kgぐらい減った、なんて事はありませんでしたか?

 

 

これは水分が抜けたのと同時に内臓脂肪が燃やされ始めているのが原因なんです。

 

 

お腹の皮下脂肪はあまり変化は見られないけど、何となくスッキリした感じがするのは内臓脂肪の量が減り始めているから。ですので、皮下脂肪はあまり無いけど内臓脂肪だけ多い、と言う方はダイエットをするとすぐに結果となって現れやすいんです。

 

 

男性がぽっこりお腹になってしまうのは?

 

ぽっこりお腹を作り出してしまう原因には2種類の太り方がある事が分かりました。ですが、そもそもの話しどうしてぽっこりお腹が作り出されてしまうのでしょう。

 

 

逆を言えば、原因をきちんと知っておけばお腹に脂肪が溜まる事はありませんので、もし今現在ボコッとしたお腹で悩んでいる、これからぽっこりお腹になるのが不安だ・・!と言う男性は、ここでしっかり原因と対策を知っておくと便利かもしれませんよー!

 

 

食生活の乱れ

 

 

歳を取るにつれてぽっこりお腹になってしまう原因の1つがこれ、食生活の乱れになります。ヒトが太る理由はただ一つ、それは食事です。

 

 

極端な話しですが、野菜ばっかり食べている男性と揚げ物ばかり食べている男性、どちらが太りやすいかなんて一目瞭然ですよね。

 

 

当然、炭水化物や脂質などのカロリーが多い物を毎日食べ続けたのであれば、知らぬ間にブクブク太って行ってしまいます。

 

 

特に社会人になると色々な付き合いが多くなるものですよね。もしかしたら毎日のように飲み会に参加している、と言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

美味しい揚げ物などのつまみにビールはぽっこりお腹を作り出してしまう原因。もし、思い当たるようでしたらまずは食生活を見直してみるのが良いかもしれませんね。

 

 

運動不足

 

 

学生の頃は部活動やサークル活動などもあり、身体を動かす機会が多いのですが、社会人になると一気に身体を動かさなくなります。毎日仕事で疲れて、退社後は自宅でダラーンと。

 

 

・・分かります。私も毎日仕事に追われていますから、健康のためにとは思っていても身体をあまり動かしたくないんですよね。

 

 

ただ、体脂肪を燃やす働きのある筋トレや有酸素運動をしなければ消費エネルギー量が減ってしまいますので、その分摂取エネルギーが多いと脂肪が蓄えられてしまうようになります。

 

 

特に、学生の頃は部活動で汗を流す日々を送っていたけど、社会人になってからは一切動かさなくなったと言う方は要注意!

 

 

食事の量がそのままですと、一気に身体にエネルギーが溜まりますのでぽっこりお腹になってしまうんです。

 

 

よく、テレビなどでも競技を引退されたスポーツ選手も現役の頃とは似ても似つかないお腹になっている方も多いです。やはり、ぽっこりお腹を解消するためには運動も欠かせません。

 

 

お腹痩せを目指すのであれば運動は大切

 

 

実際にはこんな単純なものではなく、遺伝的なものだったり代謝の低下などぽっこりお腹になる原因は様々ですが、根本的な原因は食生活の乱れと運動不足のこの2点になります。

 

 

いきなり食生活を変えるのは、仕事の能率やモチベーションにも大きく影響してしまうものです。

 

 

なので、まずは気軽に始められる運動不足を解消させる事を目標に頑張ってみましょう!

 

 

本格的に男性特有のぽっこりお腹を解消させていくのであれば、ジムに通って筋トレをしながらランニングをする事ですが、運動をしてこなかった時期が長ければ長いほど身体は思うように言う事を聞いてくれません。

 

 

ですので、まずは仕事終わりに30分だけウォーキングをしてみましょう。30分のウォーキングであれば、およそ150kcal近くは消費できます。

 

 

ちょうどコンビニのおにぎり1個分ぐらいですね。

 

 

そこから徐々に体力が付いてきたのであれば筋トレをプラスして行くのが効果的。最初は自重トレーニングから始めて、最終的にはダンベルを利用したウエイトトレーニングも実戦すると、一気にぽっこりお腹は凹んでいくはずです!