トップへ戻る

スクワットがメタボ解消に最適と言われている訳とは!

スクワットがメタボ解消に最適と言われている訳とは!

 

皆さんはスクワットと言う筋トレをご存知でしょうか?足を肩幅ぐらいに開いて、しゃがんで戻ってを繰り返していく脚を鍛えるトレーニングですよね。

 

 

しかし、このスクワット、実はメタボ解消にとんでもない効果を発揮してくれると言うポイントまで知っていましたか?ポコっと出たお腹を凹ましていくためには、腹筋を鍛えるよりもスクワットをやり込め、と言われている程運動効果の高いトレーニングとしても知られています。

 

 

そこで、これまで鍛えた事が無い方にもおすすめしたい、スクワットの正しいやり方や効果をさらに高めてくれる秘訣についてご紹介して行きます。

 

 

スクワットのやり方

 

 

 

  1. 腕を前に伸ばし骨盤をやや前傾させます
  2.  

  3. 息を吸いながらゆっくりと腰を下ろしていきましょう
  4.  

  5. なるべく膝が90度に近づくまで曲げて行けると理想的です
  6.  

  7. 太ももの力を利用して身体を持ち上げて行きましょう

 

これがスクワットの一連の流れになります。

 

メタボ解消させるためのコツ

 

より深くまで腰を下ろす

 

スクワットでメタボになってしまったお腹を凹ませるのであれば、出来る限り膝を曲げて腰を深くまで下ろしていくと良いでしょう。確かに膝を曲げれば曲げる程、筋力や持久力が必要になりますので、息苦しさを感じてしまう場合もあります。

 

 

ただ、メタボを解消させるのであればある程度の負荷が要りますので、自分の筋力と相談しながら深くまでしゃがむようにして下さい。

 

 

最初から無理はしなくても大丈夫です。ずっと運動をしてきていなかったのであれば、5回ぐらいでダウンしてしまうものですが、諦めずに続けて行けば間違いなく回数も伸びて行きますし、筋肉が適応してきますので楽に行えるようになります。

 

 

お腹に力をいれる

 

スクワットは腹筋15回分に相当すると言われていますが、これはあくまでも正しいやり方で鍛えられていたらの話しです。そして、その正しいやり方と言うのが「お腹に力を込める」事です。

 

 

膝を曲げてしゃがんでいく時、膝を伸ばしながら上体を起こしていく時、常に腹筋に力を入れて身体がブレないようにするのがメタボ解消への秘訣です。ただ、これはすごく辛いです。

 

 

腹筋を鍛えるトレーニングにもなりますので、正しくお腹に力が込められているとまともに呼吸するのも難しく感じる場合もあります。ですが、これがメタボ脱却への正しいスクワットのやり方になります。

 

 

インナーマッスルが鍛えられて正しい姿勢を維持出来るようになりますので、体力に余裕がある方は是非チャレンジしてみて下さい。

 

膝を前に出し過ぎない

 

スクワットと言うと太ももを鍛えるトレーニング=膝を前に出して太ももの前側を鍛える、と言うイメージがありますが実はこれは危険なやり方です。しゃがんでいく時に膝が前に出ると楽に行えるようにはなりますが、このやり方は膝関節や靭帯を傷めてしまう原因になってしまいます。

 

 

直接的にメタボを解消するコツではありませんが、ダイエットをしていくにおいて怪我をしてしまうのは痩せるための最短ルートを潰してしまう事に繋がります。

 

 

怪我には十分気を付けて下さいね。膝が前に出過ぎないようにするためには、お尻を後ろに突き出すイメージでスクワットをして行くと良いでしょう。こうする事で膝関節に優しく行えますし、お尻の筋肉である大殿筋も同時に鍛える事が出来ます。

 

 

慣れて来たらダンベルを使ってみましょう

 

スクワットは自分の体重を利用するだけでも、かなり強い負荷を加えられる筋トレですが、いずれはその負荷にも身体が慣れてしまいます。

 

 

筋肉のレベルに合ったトレーニングをしないと、体脂肪は燃焼して行き辛いですので、自重トレーニングだけで30回こなせるようになりましたら、ダンベルやバーベルを利用したスクワットにも挑戦してみましょう。

 

 

より強い負荷が上からのしかかりますので、メタボを解消させていくのに効果的です。この時も無理はせずきちんと正しいフォームを維持する事が大切です。

 

 

少しでも身体に無理な負担が加わっているようであれば、重量を少し落としてみるなどの対策をしていくと、予期せぬ怪我を防ぐ事が出来ます。

 

 

腰を傷めないために加圧シャツを使うのも手

 

ダイエット効果も高いスクワットですが、実は腰に大きな負担がかかる種目としても知られています。その原因は動作中の姿勢の悪さにありました。身体の深部の筋肉であるインナーマッスルが鍛えられていないと、しゃがんでいく時にどうしても猫背になってしまうんです。

 

 

この姿勢が良くないんですね。猫背になると背骨が折れ曲がり、椎間板と呼ばれる部分に負荷が一気にのしかかるため、筋トレ後には慣れない腰痛に襲われてしまう事も・・・。

 

 

これを防ぐために1番大切なのは良い姿勢をキープしたままスクワットをする事。これによってスクワットの効果を最大限に引き出す事が出来ますし、何もしていない状態でも背筋がシャキッとした良い姿勢を維持出来るようになります。

 

 

そしてスクワット中の理想的なフォームをアシストしてくれるのが加圧シャツです。ついつい猫背になりがちな方でも、加圧シャツを着る事でシャキッとしますので、何も着けていない状態でやるよりは遥かに効果的なんです。

 

 

鍛えてみたいけど、腰を傷めたくない・・・。そんな方を救ってくれるのが加圧シャツなんです。