トップへ戻る

細マッチョになるならタンパク質を増やした食事を!

細マッチョになるならタンパク質を増やした食事を!

 

加圧シャツを着こなしながら、少しずつ細マッチョへの道を進んでいる皆さま、きちんと栄養素は確保出来ていますでしょうか。筋肉を付けてマッチョになるためには、筋トレだけではいけません。

 

 

3つの軸があって、筋トレ+食事+休養が適切に行えていないと、いくら加圧シャツを着て身体を鍛えていても筋肉が付いていく事はないんです。今回はこの3つの中でも特に忘れがちな食事の中でも、タンパク質に焦点を当てて解説をして行こうと思います。

 

 

どれだけタンパク質を摂れば良いの?

 

まずはいきなり1日にどれだけの量のタンパク質を摂って行けば良いのかから。巷では、1日に50gだけで良い、いやいや100g必要だ!と言う意見も出回っていますがどれが正解なんでしょうか。

 

 

この答えには2種類あって、普通の生活をしている人と筋肉を付けてカッコよくなりたい人に分けられます。

 

 

一般的な生活を送っていて、筋肉なんていらない!と言う方の場合であれば、1日に必要なタンパク質の量は、体重(kg)×1.0gのタンパク質を摂るのが理想的であると言われています。もしあなたが体重が60kgであれば60gを、100kgであれば100gのタンパク質を摂って行く訳ですね。

 

 

それに対して筋肉を付けて細マッチョになりたい方の場合。こちらはグンと摂取量が高くなり、体重(kg)×1.5〜2.0gのタンパク質を毎日摂って行く必要があります。60kgの方であれば90〜120g、100kgの方であれば150〜200gと言う計算になります。

 

 

日々の食生活はタンパク質が少なくなりがち

 

 

このように鍛えてマッチョになりたいのであれば、1日に多くのタンパク質を欠かす事が出来ません。とは言え、日本人の一般的な食生活できちんと量が摂取出来ているか、と言われればなかなか厳しい所があります。

 

 

欧米人やアメリカなどフィットネスの本場では、お肉が主食と言っても良いぐらい1日にとてつもない量のタンパク質を摂取しています。それに対して、日本食はとてもヘルシーであると言うメリットがありますが、それと同時にタンパク質が少なく比較的炭水化物が多いと言うデメリットがあるんです。

 

 

毎日3食ガッツリとお肉を食べられているのであれば問題はありませんが、朝は何も食べない、お昼はおにぎりのような炭水化物をメイン、夜は飲み会でお酒を多く飲んだりと、タンパク質の摂取量が少なくなってしまったのであれば、付く筋肉も付かなくなってしまいます。

 

 

プロテインを上手に補う

 

そんな時にはプロテインのようなサプリメントを上手に補っていく事が大切です。

 

 

まずは食事を摂る気力や時間が無い朝ごはんに1杯、お昼を食べて夕飯までの間食として1杯、そして筋トレ後もしくは寝る前に1杯の3食を摂る事で、1日に必要なタンパク質の量を補えますので、日々の食事から不安に感じている方は是非ともプロテインを摂りいれてみて下さいね!

 

 

プロテインはいわゆる栄養補助食品。お薬のような医薬品ではありませんので、安心してたっぷり補給して行きましょう。

 

 

メーカーは基本的にどこでも大差はありませんので、比較的安価で手に入れる事が出来る「マイプロテイン社」のプロテインがおすすめです。質が良く、それでいてコスパに優れていますので、筋トレ初心者〜上級者の方にまでおすすめ出来るプロテインであると言えます。

 

 

加圧シャツを着て、日頃の歩く際の何気ない運動を効率の良いトレーニングに変え、疲れたらプロテインで栄養補給をして行く。社会人は忙しいですが、こういった工夫を積み重ねていく事で筋肉を付けて行けるようになるんです。