トップへ戻る

加圧シャツの購入前に知っておきたいデメリットは?

加圧シャツの購入前に知っておきたいデメリットは?

 

 

加圧シャツにはメリットはたくさんあります。例えば、着るだけでも引き締まって見えるような効果があったりですとか、姿勢を良くしてくれる効果があるため、筋トレ時の正しいフォームを維持しやすいなどです。

 

 

一見すると良いことずくめに見える加圧シャツですが、当然ですがデメリットも複数存在するのがほんとの所です。そこで、今回は加圧シャツで肉体改造をして行くにあたり、どのような悪影響やデメリットがあるのかについて書いていこうと思います。

 

 

かゆみが生じる

 

 

加圧シャツは密着力が凄く、常に肌にフィットしている感覚になるため、アトピー性皮膚炎の方や肌が敏感な方はかゆみを生じてしまう場合があります。

 

 

ただ、質の良い会社の加圧シャツであれば通気性の良いものが多いため、安物で済ませようとするのではなく、評判の良い名の知れ渡った会社から注文をする事をおすすめします。

 

 

また、痒くならないようにするためには、こまめに洗濯をしておく、汗をかいたらその都度拭いておく、と言った対策をしておく事が求められます。

 

 

実際には痒みを感じる方の方が少ないですが、皮膚科にかかっていて心配であるならば担当医の相談を受けてから購入してみると良いでしょう。

 

 

めまいがする事も・・?

 

加圧シャツは商品の特徴から上半身の締め付け力が半端ないです。そのため、着っぱなしで過ごしていると、血液の流れが遮られた結果めまいなど体調を崩してしまう可能性が高くなってしまうでしょう。

 

 

各加圧シャツの公式ホームページを覗いてみますと、「24時間筋力トレーニング!」と記載されている場合も多いですが、それはあまり鵜呑みにしない方が良いです。

 

 

やはり痩せる事もそうですが、健康なのが何よりです。正しい着こなし方をしていれば加圧シャツでめまいを感じるケースは少ないかと思いますが、1日中寝る時にも着けっぱなしの日々を毎日過ごしていまうのはあまりおすすめ出来ません。

 

 

着ている最中に脳への血流が減少した事によるふら付き感、めまいを覚えた時には無理をせず締め付けの少ない恰好をしておくようにしましょう。

 

 

デメリットよりもメリットの方が多い!

 

加圧シャツを着る事によるデメリットをざっと並べてみましたが、正直言えばデメリットよりもメリットの方が圧倒的に多いです。

 

 

痩せるためにはきつい食事制限をして、息切れするようなハードなトレーニングをこなしていかなければなりませんが、加圧シャツであればただ着るだけで良いので圧倒的に楽なのが特徴です。

 

 

長続きしないのは辛くて苦しい時間が長く続いてしまうからなのですが、着るだけで無意識の内に締め付けてくれていますので、これまで色々な○○ダイエットに挑戦してきたけど、全て挫折をしてしまったと言う方にもおすすめです。

 

 

何より着た瞬間から鏡に映った自分が引き締まって見えるのが大きなメリットです。脂肪が消えた訳ではありませんが、筋肉が付いて引き締まった体の自分がそこには映っていますので、ダイエットを頑張ろう!と言うモチベーションを高めてくれる事にも繋がります。

 

 

総合的に見ればデメリットよりもメリットの方が遥かに多いですので、デメリットについて納得しましたら是非とも加圧シャツを始めてみて下さいね。