トップへ戻る

加圧シャツの大きいサイズは?お腹が大きくてもフィットするの?

加圧シャツの大きいサイズは?お腹が大きくてもフィットするのか

 

これから加圧シャツを始めたみたい方の中にも、本当に自分には効果があるのか・・?と気になってなかなか購入に踏み切れない方も多いです。

 

 

購入前は色々と不安が付きものですが、その内の1つに「自分に合った大きいサイズはあるのか・・?」が上位にランクインするのではないでしょうか?確かにせっかく加圧シャツを購入してみたは良いものの、サイズが合わなくて着れないとなった時には無駄な買い物になってしまいますよね。

 

 

そこで、加圧シャツに大きいサイズはあるのか、そしてお腹が大きくて肥満体型の方でもピッタリとフィットしてくれるのかどうかについて更新して行こうと思います。

 

 

当サイト掲載の加圧シャツのサイズは?

 

 

市販には色々な加圧シャツが出回っていますが、当サイトではその中から本当に選ばれている人気商品のみをピックアップしてご紹介しています。

 

金剛筋シャツ、スリムゼウス、鉄筋シャツ、マッスルプレスの4種類の加圧シャツをご紹介していますが、これらの大きいサイズはどれほどになるのかをまとめてみました。

 

 

金剛筋シャツ

 

 

 

【Lサイズ】
身長:172〜185cm
胸囲:94〜106cm

 

 

スリムゼウス

 

 

 

【Lサイズ】
身長:175〜185cm
胸囲96〜104cm

 

 

鉄筋シャツ

 

 

【Lサイズ】
身長:172〜182cm
胸囲:93〜101cm

 

 

マッスルプレス

 

 

 

【Lサイズ】
身長:175〜185cm
胸囲:96〜104cm

 

 

大きい加圧シャツを選ぶ際の留意点

 

小さめのサイズを選ばない

 

加圧シャツは商品の特性上、一般的なインナーシャツと比べると小さめの造りになっているのが特徴のダイエットグッズになります。そのため、これくらいなら大丈夫だとう、痩せるつもりだから一周り小さめのサイズを買おうとすると着れなくなってしまう場合があります。

 

 

上記に各加圧シャツのサイズの目安を載せましたので、ご自身の体格と比べながら参考にしてみて下さい。イメージとしては一般の洋服を買うような感覚でサイズ選びを行う事が大切です。

 

 

お腹が出ている方の場合ですと、小さいMサイズを選んでしまうと加圧力により苦しさを感じてしまう場合があります。元の体型が肥満体であるのならば、まずはLサイズから始めて頂き、体型が徐々に変化をしてから一周り小さいMサイズに移行するのがおすすめです。

 

 

体重が重い方でもLサイズで安心

 

各加圧シャツの身長・体重別のサイズ早見表を見てみますと、120kgを超えるような体の大きな方でもLサイズの加圧シャツであれば安心して着る事が可能です。造り事体は小さく、パッと見た感じ「入るかな・・?」と直感的に思いますが、スパンデックス素材を利用しているため伸縮性には優れています。

 

 

身体が大きくて体重100kgオーバー、ぽっこりお腹の方であってもスパンデックスがお腹周りを中心に引き締めてくれますので、サイズに関して言えば心配する必要はありません。

 

 

ただ、体重が150kg超え、さらにはウエストも150cmを超えるような方ですと、例え加圧シャツの伸縮性をもってしても着る事はほぼ不可能でしょう。

 

 

あくまでも「最近お腹のぽっこりが気になって来た働く男性が簡単にお腹を引き締める」をコンセプトにした商品ですので、規格外の身体の大きさを持つ方の場合は厳しいと思います。

 

 

そうではなく、いわゆるメタボ体型程度の男性であれば、MサイズでもLサイズでも十分着用する事は可能です。ぽっこりお腹を着るだけで、シュッと魅せてくれる効果がありますので、スーツをカッコよく着こなしたい方にもおすすめです。

 

 

>>加圧シャツおすすめランキングへ!