トップへ戻る

加圧シャツはなぜ痩せると言われているのか?

加圧シャツはなぜ痩せると言われているのか?

 

加圧シャツは着ているだけでも、筋肉が付いて痩せて行くと言うイメージを持たれている方も多いと思います。

 

 

ただ、実際には少し違って、着るだけで痩せるのではなくて、加圧シャツで圧力を高めていく事で、普段の何気ないウォーキングや階段の登り降りと言った運動を効果的にしてくれると言うもの。

 

 

より効果を高めていきたいのであれば、適度にウエイトを利用したトレーニングをして行くのがおすすめです。

 

 

さて、気になるのはどうして加圧シャツはなぜ痩せると言われてきていたのか。この事について今回は記事を更新して行こうと思います。

 

 

加圧トレーニングで痩せる原理

 

 

加圧シャツにイメージが近い、加圧トレーニングを基にこれについて解説をして行きます。加圧トレーニングとはひと昔話題になりましたが、身体の中でも太い血管を締め付け、流れる血液の量を少なくしてあげる事で、少ない負荷でも効率良く筋肉を付けて行くためのトレーニングです。

 

 

特に血液が心臓へと戻って行く静脈の血管を強く圧迫する事で、血液の流れが悪くなった結果普段あまり使われる事の無い毛細血管に隅々まで血液を送る事が出来るのが特徴です。

 

 

これにより、全身の毛細血管が徐々に増えて行きますので、血行が良くなり代謝がアップ。結果痩せやすい体質になると言う訳ですね。

 

 

さらに加圧トレーニングの効果はこれだけでなく、血液が制限される事で筋肉が力を発揮するのが難しくなってしまい、本来挙げられる重量よりもかなり軽くなってしまいます。

 

 

この状態は通常の加圧無しで鍛えた場合の、重い重量が挙げられなくなった状態に非常に似ています。そのため、爆発的なパワーを発揮する事が出来る速筋と、主に持久力メインでパワーが発揮される遅筋の2種類の筋肉を鍛える事も出来るのです。

 

 

加圧トレーニングは、簡単に説明すればこんな感じです。

 

 

加圧シャツも締め付けの効果がある

 

 

実際に加圧シャツを着てみた方の口コミによりますと、着ているだけでもかなりきつく感じる、まるで筋トレをした直後のような状態。ただのインナーシャツかと思ったら油断していた、締め付け力が半端じゃない!と言った内容を見る事が出来ます。

 

 

これはつまり、加圧トレーニングのような圧力が上半身、特に腹筋にかかっている状態になります。さすがに着て何もしないのは一向に痩せて行かない原因になりますが、そこに有酸素運動のような軽めの運動を加えるだけでも、これまでとは違った疲れに襲われるのではないでしょうか。

 

 

確かに他のインナーシャツと比べると、スパンデックスと呼ばれる伸縮性の高い素材が使われているため、息苦しさや窮屈感を味わう事になるかと思います。

 

 

ですが、それは痩せるための第一歩を踏み出した証。ただ着ているだけで運動効果を高める事にも繋がりますので、これまでどんなダイエットに挑戦してきても長続きしなかった方に特におすすめであると言えます。

 

 

加圧シャツの良い所は何より着るだけで、運動を効率の良いものに変えてくれると言う点。これから本格的に痩せて行きたいのであれば、加圧シャツは「ダイエットしてみようかな・・」と、お悩みのあなたの背中をポンと押してくれる役割を果たしてくれるでしょう。