トップへ戻る

筋トレは週に何回すると爆発的に筋肉が成長して行くのか?

筋トレは週に何回すると爆発的に筋肉が成長して行くのか?

 

筋トレを始めた時って何もかもがむしゃらに取り組んでいくと思います。とにかく回数を多くこなす、色んな種目に挑戦してみる。一刻も早く筋肉を付けるために、ウサイン・ボルト選手も顔負けのスタートダッシュを切る方も多いようです。

 

 

ただ、ひたすら数をこなしているだけでは成長して行かないのが筋肉です。毎日筋トレをして身体を酷使し過ぎてしまいますと、翌日に疲れが抜けなくなってしまう場合もありますし、酷い時にはオーバーワークと言って筋肉がやせ細って行ってしまう事も十分考えられます。

 

 

それほど、筋トレを行う頻度と言うのは大切になってくるんですね。特に初心者の内は右も左も分からない状態ですから、どれくらいのペースで鍛えて行けば良いのか分からない方も多いと思います。

 

 

そこで、筋トレは週何回こなしていけば筋肉が付いていくのか見て行きましょう。

 

 

 

身体を各パーツに分けてみましょう

 

まず、大原則となるのが、1回分の筋トレで全身を鍛えないようにするのが大切です。

 

 

有酸素運動やサーキットトレーニングを重視したトレーニングであるならば、負荷が軽めなため毎日鍛えて行っても構いませんが、筋肉を大きくして行きたいとお考えであれば、1日で鍛える部位は絞って行った方が間違いなく良いです。

 

 

曜日ごとに鍛えるパーツを変えていく方法を分割法と言うのですが、ほとんどのムキムキマッチョな方はこのやり方で日々筋トレに励んでいると言っても過言ではありません。

 

 

分ける事で効率良く鍛えられる

 

身体を分けて鍛える事がどんなメリットがあるのか。それは、効率良く鍛えて行けると言う点です。恐らくこのページをお読みの8割近くの方が、全身の筋肉を付けて行きたいとお考えのはず。

 

 

例えば胸を鍛えたのであれば、翌日には背中を鍛える。また翌日には脚を鍛えると言った具合に分けて行く事で、前日に酷使した筋肉に十分な休息を与える事が出来るんです。

 

 

筋トレには超回復理論と言う考え方があり、一度高負荷なトレーニングで筋肉を破壊した後、球速や栄養を摂り込んであげる事でより筋肉を強くしてレベルアップさせていくと言うものです。

 

 

そのため、背中を鍛えている間に胸の筋肉の疲れを取ってあげる、脚の筋肉を酷使している間に背中の筋肉に栄養を送る。こうして行く事で筋肉は大きくなって行きます。

 

 

全身の筋肉痛を防げる

 

特に歳を重ねて行くにつれ、身体の回復機能も衰えて行きますので、筋トレをした翌日には激しい筋肉痛に襲われる事もあります。いやですよね、朝起きた時に身体全体が重いと仕事にすら行きたくなくなるものです。

 

 

これが全身だったらどうでしょうか。もはやベッドや布団からも降りられない・・・。そんな状況になってしまうと思います。

 

 

各パーツに分けて鍛えると、筋肉痛になる箇所も限られたものになりますので、少しでも全身にかかる負荷を減らす事が出来ます。

 

 

出来れば筋肉痛にならないのが望ましいですが、万が一痛みに襲われるとたまったもんではありませんので、胸の日ならば胸だけ、脚の日ならば脚だけと分けて行くと、少しでも楽に日々を過ごす事が出来るのです。

 

 

毎日鍛えて行っても良い

 

以上の事を踏まえると、筋トレは毎日鍛えて行っても問題ない、と言うのが結論になります。同じ部位を毎日鍛えるのはあまりおすすめ出来ませんが、各パーツに分けて鍛えていくのであれば、激しいトレーニングを毎日行っていくと効果が出るのが早くなって行きます。

 

 

少なくとも、同じ部位は2〜3日の休息日を設けると良いでしょう。

 

 

ですが、前日に軽めで筋肉にほとんど負担が掛かっていないようであれば、翌日に同じ筋肉を鍛えていくのも全然アリです。要するに、自分の身体と相談をしながら、どこの筋肉を鍛えていくのかを相談しましょう!と言う訳ですね。

 

 

ですが、全身に疲労が蓄積されているようであれば無理は禁物です。筋肉痛だけならまだしも、骨に強い負荷がかかっていしまっているのであれば、疲労骨折になってしまう可能性も捨てきれません。

 

 

こうなってしまうと、激しいトレーニングはおろか、日常生活すらままならなくなってしまいますので、身体が言う事を聞かないのであればその日は休む勇気も必要です。

 

 

初心者は週に3回を目安に

 

とは言え、筋力が備わっていない初心者がいきなりボディビルダー顔負けの筋トレで鍛えて行っても、あっという間に筋肉痛になってしまうのがオチです。筋肉痛は慣れていないとこれ程気持ちの悪いものはありませんので、やりたくなくなってしまう原因にもなります。

 

 

ですので、筋トレを始めてまだ間もないのであれば、週に3回ぐらいに留めておくのが良いでしょう。そして、その3回で鍛える部位ですが、胸(ベンチプレス)、背中(デッドリフト)、脚(スクワット)がおすすめです。この3つの筋肉は身体の中でも比較的大きい筋肉ですので、これらを鍛えられる筋トレをして行く内に身体はどんどん大きくなっていくでしょう。

 

 

そして、ある程度体力と筋力が付いてきましたら、肩や腕などさらにパーツを追加して行くと良いですね。

 

細マッチョを目指すなら週5回

 

筋肉をゴリゴリに肥大させていくのが目的ではなくて、うっすらと筋肉が付いた細マッチョになりたいと言う方も多いのではないでしょうか。その場合には、初心者のコーナーで説明をした、週3回の胸、背中、脚の筋トレに加え、さらに週2日ジョギングなどの有酸素運動を取りいれてみましょう。

 

 

筋肉を大きくさせ過ぎることなく、そして脂肪を燃焼させていくためにはこういった有酸素運動は欠かせません。筋トレを週に5回となかなかハードなスケジュールですが、これを3カ月こなしていくだけでもかなり体型は変わってくるはずです。

 

 

辛い道のりですが、細マッチョになるのであれば思い切ってトライしてみてはいかがでしょう。

 

加圧シャツなら週7回筋トレ

 

皆さまは加圧シャツと言う筋トレグッズをご存知でしょうか?よく言われているのが、「着るだけで痩せる服」と言われるとピンと来る方も多いと思います。

 

 

この加圧シャツであれば、着ている間が筋力トレーニングになり、ただ歩いているだけ立っているだけでも身体を鍛えていく事が出来る、最近注目が集まっている商品になります。

 

 

筋トレ何か出来ればしたくない・・・可能であれば楽に痩せたい・・・。と言う方から人気を集めているようですよ!

 

 

価格も4,000円程と手軽な金額から始められますので、毎日が忙しくて週に何回も筋トレなんてしていられない・・!と言う方にこそ加圧シャツはおすすめであると言えます。