トップへ戻る

【マッチョに】加圧シャツのおすすめを徹底比較!【なろうぜ!】

お酒を止めるにはどうしたら良いのか?

 

仕事が終わったら同僚と居酒屋でお酒を飲み、自宅に帰ってからも飲み足らずに缶ビールを数本空けてしまう・・・。これはいわゆるアルコール依存症ですが、とてもじゃありませんが健康に良いとは言えませんよね。

 

 

ビールなどの糖質の多いお酒は脂肪を蓄積させていく原因になってしまいますし、沈黙の臓器とも言われている肝臓を少しずつ破壊させていく事にも繋がりかねません。

 

 

ほんの少しお酒を飲むのであれば何も問題ありませんが、お酒を飲むのが辞められないと言う場合、どのような対処法をして行けば良いのでしょうか?

 

 

お酒を止める方法

 

 

ノンアルコール飲料に置き換える

 

今ではビールだけでなく、カクテルや焼酎と言ったお酒でもノンアルコールの飲料が出回っています。

 

 

「アルコールで酔う」事は出来ないため、お酒の雰囲気を味わいたい方には物足りなく感じてしまうかもしれませんが、少しでもお酒の飲み過ぎを防止するのであれば、こういったノンアルコール飲料を摂りいれてみるのも1つの方法です。

 

 

ビールなどであれば、痛風の原因であるプリン体がカットされているものも多く出回っていますので、健康に気を遣いながらお酒を飲む感覚を味わいたい方にはおすすめです。

 

 

少しずつ量を減らしていく

 

これはお酒だけでなくタバコなどの依存するものに当てはまる事ですが、徐々に飲む量を少なくして行くのも効果的であると言えます。

 

 

例えば1日に500mlの缶ビールを5本も空けてしまうような大酒豪のような方であれば、1週目に4本に減らす、2週目に3本に減らすと言った具合です。

 

 

ここで大切なのが、必ず飲む本数を守り切ると言う事。少しずつ減らしていったのに、再びドカンと暴飲暴食をしてしまったのであれば、リセットとなってしまいますしが「我慢できなかった・・」と言う罪悪感にも襲われてしまいます。

 

 

ヒトによって我慢の個人差はあるかと思いますので、2週で1本ずつ減らしていくなどの量を調整して行くのも良いですね。

 

 

お酒の恐怖を把握する

 

お酒はお水と同じような感覚でゴクゴクと飲み干す事は出来ません。アルコールは身体にとっては毒素であって、本来は必要のないものです。酒は百薬の長とは言われてはいますが、それはあくまで自分で飲む量をコントロール出来る方の話し。

 

 

コップ1杯を週に2回程度であれば大丈夫かもしれませんが、このことわざを鵜呑みにしてしまって毎日グビグビ飲んでしまったんでは身体には毒です。肝臓はいつ機能を停止する状態になってしまうのか分からない恐ろしい臓器。

 

 

一度機能を停止してしまったのであれば、完全に回復する事はもう二度とありませんし、今後一生お医者さんのお世話になる事でしょう。この状態になってしまったのであれば、アルコール依存症もかなり進行しているでしょうし、治療にも苦痛を感じる場合がほとんどでしょう。

 

 

そうなる前に早めにお酒を止めておく事が大切になってくる訳です。

 

適度な運動をしていますか?

 

お酒が辞められない悩みを持っている皆さまは、きちんと運動をされていますでしょうか?筋力トレーニングやウォーキングのような有酸素運動は、体脂肪を減らしてくれるだけでなく、血液の巡りを良くしてくれる作用があります。

 

 

肥満にならないためにはもちろん大切な運動ですが、内臓の働きを活発させるためにも適度な運動は欠かす事が出来ません。普段の通勤は電車や自動車などで、運動する機会がほとんど無いと言う方、お酒の飲み過ぎは健康を害し健康的な毎日が保証されなくなってしまう事を頭の片隅に入れておく事をおすすめします。

 

 

加圧シャツで運動効果を高めるのもアリ

 

 

お酒の飲み過ぎはぽっこりお腹や肝硬変などのリスクを高める原因になります。そんな時には適度な運動を行い代謝を高めるのがとても大事になってきますが、時間の関係でどうしても筋肉を使う時間が無いと言う方も少なくありません。

 

 

そんな方におすすめなのが加圧シャツです。加圧シャツとは締め付け力が強いインナーシャツで、ただ着るだけでも筋力トレーニングに相当する圧力を期待する事が出来る筋トレグッズです。

 

 

お酒の飲み過ぎで出てしまったぽっこりお腹を瞬時に解消すると言う効果も持ち合わせていますので、スーツをカッコよく着こなしたい方にもおすすめです。価格も1着4,000円程とリーズナブルな価格で購入出来ますので、お酒を飲みたいけど健康にも気を遣いたい方は、まずは1着から加圧シャツを始めてみてはいかがでしょうか。